2018-02-14

Egword復活間近というニュースが嬉しくて

Egword Universal 2(まだ2なのか?)復活間近というニュースが嬉しくて、詩なんだか歌詞なんだかエッセイなんだか、得体の知れぬものをベータ版で書いてみましたよ。原稿は縦書きなんだけど。某国の辺境を旅していた時の記憶をアレンジしたものです。読む人が読めば、町の名もカフェも(ひょっとすると登場人物も)特定できちゃうんでしょうが、わからないほうがよさげ。さりとてあんまり具体的なエッセンスがないと、話というのはまるで面白くないな、ということを今夜は学びました。
こういうのを書きためていくと、いつか歌が書けたりするのだろうか。年をとるほど、昔のことをやたらと思い出す、というのは本当なのだろうか。今からなんだか楽しみです。頭も記憶も悪くて、懐かしもうにも、普段、こうした話をなかなか思い出せないので(そう思うとやたらと記念写真を撮る人をけっして馬鹿にできませんね)。



辺境にて

大陸にひとり、旅に出た時のこと
やけに埃っぽい辺境の町で
朝飯から昼飯まで来る日も来る日も
通いつめていたカフェがあった
飯がうまい訳でも、眺めが良い訳でもないのだけど
まあ、つまるところ、愛想のよい娘がひとりいてね
名はたしか、ローズといったか、ロージーだったか
どうせ、本名の訳もないのだけど
どこかずっと山奥のほうから出てきた、田舎娘のようだった
やせっぽちで、真っ黒に日焼けしていて
化粧っ気はまるでなくて、鼻の下にはうっすらと髭まで生えていて
けっして美人じゃないのだけれど
とにかく愛想がよかったのです

ゆくあてのない旅だった 見たい場所もなかった
とにかく変わりたくて 変われなくて
どう変わりたいのかもわからなくて
うろうろと焦りながら、西へ東へさまよい続け
やっとたどり着いた場所だった

つまり僕は疲れていたのだろう
だからあの子の笑顔が嬉しかった
それだけでよかった
それ以上は望んではいなかった たぶん

そうして幾日が過ぎたか
僕らは時々、散歩をするようになっていた
店から少し歩けば、泥色の川ですっぱだかの子どもたちが遊んでいたり
見晴らしのよい丘の上、静かな寺があったり
ぶたやニワトリがあちこちでゴミを漁っている市場があったり
訛りの強いあの子の言葉はよくわからなかったけれど
ふたりで歩くのは楽しかった

ある日の夕暮れ、いつもの散歩の途中で、町はずれのバス停に連れていかれた
あの子がどうしたかったのかはわからない
――いいから、とにかく来て
――しかたないな
そんな感じだった気がする
ほかに人影はなく、しばらく待ったが、バスは来なかった
きみは寂しげにほほえみ、でもほっとしたようにも見えた
僕はどうだったろう? なぜか記憶にない
そこで彼女との思い出は終わっている
あとはなにも思いだせない

きみは僕をどこに連れていきたかったのだろう?
僕はどこに行ってしまいたかったのだろう?

きみは僕をどこに連れていきたかったのだろう?
僕はどこに行ってしまいたかったのだろう?



2017-08-07

リラとわたし ナポリの物語1 

七月に出ました拙訳、おかげさまで好評のようです。
エレナ・フェッランテ作 「リラとわたし」(早川書房)
「ナポリの物語」という4巻もの大長編小説の1巻目にあたります:
http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013589/
https://honto.jp/netstore/pd-book_28538044.html
http://amzn.asia/b1w9UBf

くわしくはこちらで公開中のあとがきをご覧下さい:
https://note.mu/hayakawashobo01/n/n49abdadebf36

こちらでは冒頭四十ページ無料公開中です。
https://note.mu/hayakawashobo01/n/n29543eea8785

なお、iBooksストアKindleストアHontoなどで、電子書籍版の縦書きの無料サンプルもご利用になれます。

Twitterのまとめサイト機能(モーメント)を利用して、関連情報、レビューなどのまとめを作成中です。閲覧にユーザー登録の必要はありません:
https://twitter.com/i/moments/894471850780217345


ご購入はもちろんうれしいのですが、お近くの図書館などでリクエストしていただけますと、図書館好きの自分としましては、なおうれしく思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

2017-02-14

久しぶりに

ご無沙汰しております。気づけば今年も2月に突入、旧正月すら明けてしまいましたね、遅ればせながらおめでとうございます。まあ、西暦の正月なんて冬至に比べれば個人的にはあってもないようなお祭りですが。

なんとか、冬山に復帰できました。
仕事が忙しかったのか、厄年を言い訳に怠け癖がついてしまったのか、はたまた中部イタリアを襲った大地震のせいか、例年の冬のベースキャンプ、フォーチェ村へと通じる道がいまだに閉鎖中(地震による落石が不安という、閉鎖期間の延期が未来永劫可能そうなあいまいな理由ですが)のためかわかりませんが、この冬もなかなか山に足が伸びず、高価な要りもせぬ新しい道具ばかり集まるという、山道具を集めるために稼いでいるのか、稼いでも山に行けないから散財するのかわからぬ、現代人らしい悪循環が続いておりました。おおいに貯めてフェラーリでも買おうなんて、壮大な夢は当然描けず。

ともかくも。フォーチェに行けぬなら仕方ないと代替ルートを求め、こんな所を二度ばかり歩いて、こんな写真を撮ってきました。



867mのヴァッレグラッシャ村からバンディテッロ山(1863m)にいたり、稜線闊歩ののち、以前働いていた小屋のあるアルティーノ村を経由して帰投。黄色は雪崩リスクのありそうな斜面。幸い、雪の状態は安定しているようでした。



朝。730出発。きれいにモルゲンロートしてましたが車で登山口に向かう途中で終わってしまい、撮り逃しました。一日中無風。気温2度から9度くらい。イタリアの天気予報も三日先くらいまではかなり精度があがりました。



光がぼんやりしていてめりはりのある絵はなかなか撮れませんでした。白黒・赤外調でごまかしてみたり。それでも青空でないとぱっとしませんね。



今回は全ルート、新兵器のスノーシューMSR ライトニング・アッセント22 W's+念のためピッケルで。
高度感のあるつるっぱげの急斜面の下降ではやはりアイゼンが欲しくなりましたが、凍りついてなければ、かなりのトラクションがきいておすすめです。なにより軽さは武器。ただし。。。

deck fraying problem of Lightning Ascent 22 W's, caused by the metal buckle of strap
帰投後気がついたのですが、残念ながら、構造的な問題か、自分の使い方の悪さか、あるいはシューズの形状との相性の悪さか(これが多分いちばんの原因)、金属製のバックルがデッキにぶつかって、初回からいきなりデッキが切れちゃいました。

小型・軽量であえて女性用モデルを選んだのが裏目に出た(たぶん靴とデッキとのクリアランスが男性モデルより狭い。たぶん。)可能性もありますが、EU42.5 USA 9という靴のサイズ的にはメーカーの推奨サイズの範囲内なので、試し履きのできなかったオンラインショッピングの限界と設計ミスの半々ではないかと。とりあえずMSR(というかカスケードデザインが親会社のようで)にどうしたらいい?と質問中。で、回答を待つあいだ、とりあえず軽く縫い、さらにシール式の自転車パンク修理パッチ(Park toolのやつです)で補強しました。パッチが雪との接触で剥がれなければいちおう解決かな。

2017/02/15追記。カスケードデザインから返信があり、「バックルがぶつかる問題は残念ながら生じている。同じ問題に直面したユーザーの多くはぶつかる部分のデッキを少しカットしている」というメーカーとしては結構大胆なアドバイスが来ました。ちと驚いたのでそれは公式見解かと問い直すと、「あれだったらこちらでカットするからアイルランドのメンテナンス部門に送ってくれ」とのこと。送料が少々痛いですが、まあ、メーカー純正カスタマイズ&メンテと思って送ることにします。結果はまたご報告。


そういえばビデオも軽く撮りました。まあ、こんな感じの山です、という程度の動画です。





2017/03/03追記。メーカー送りから20日ほどで戻ってきました。期待していたほどの特別な処置はなく、結構大胆にざくざくとハサミで切っただけという感じ。そういうことのできる素材だという意味かも知れませんが、待ったほどの甲斐はなかったかも。同じ問題に直面した方は、新品の曲線ばさみでも購入して自分で切るのが良さそうです。

My MSR lightning ascent W's 22" after a manufacture's repair to resolve the frequent deck fraying problem caused by the metal buckle of strap: they cut slightly the inner border of the deck.
This time I used their support service, but if you have the same problem, you could try the same work just by getting a couple of good curved scissors.

2015-12-11

『海にはワニがいる』 あとがき公開

素敵な表紙画は里見有さんの作品
このところシリア難民の痛ましい話題が続き、冬の到来にどれだけ過酷な状況に直面しているかといろいろ考えさせられます。
そんななかでヨーロッパは経済難民の入国を制限し、シリア、イラク、アフガン難民に限定して入国を認めるなど、決して理想的とは言えない解決策でなんとか対応しようとしています(決して理想的とは言えないというのは、実際のところ両者の線引きはそう簡単な話ではないだろうそう思うからです。ただし難民鎖国を続ける日本とくらべれば、やはり偉いと思います)。
そこで思い出しました。数年前に僕はアフガン難民の少年が陸路でイタリアまでやってくるファビオ・ジェーダ作「海にワニがいる」という作品を早川書房の依頼で訳し、出版しましたが、恒例のあとがき公開をまだしていなかったのです。自分の訳した本の「宣伝」というとどうも気が引ける(なんでしょうね、これは)小心者ですが、この本はできるだけ多くの人に読んでいただきたい一冊です。

本書の文章は小学校の高学年児童のみなさんから読んでいただけると思います(そうなればと思って訳しましたが、むずかしかったらごめんなさい)。主人公はシリア難民ではありませんが、シリアより遠いアフガニスタンからおそらくもっと厳しい道のりをたどって、イタリアまでたどり着いたひとりの少年です。先日新聞で読みましたが、彼と同じようにアフガニスタンから逃れてくる人々は今も絶えずいるようです。

図書館にも入っていると思いますので、どうかお手に取っていただければと思います。
わたしの心のふるさと、座間市立図書館にはあります。ありがとうございます!

国連UNHCRへの募金等、現状をなんとかするためのアクションももちろん大切ですが、現代という時代を少しでもリアルに実感し、さまざまな境遇の人間たちの生活への想像力・共感を養っていくことも長期的に見れば非常に大切だと思います。

『海にはワニがいる』どうぞよろしくお願いいたします。
訳者拝




※以下のあとがきは編集サイドの校正前の文章です。実際に出版されたものとは細部が異なっている可能性がありますことを、あらかじめご了承下さい。
-------------------
 訳者あとがき

 「海にはワニがいる(Nel mare ci sono i coccodrilli)」は、十歳の時に故国アフガニスタンを去った少年が八年間に渡る密入国の旅の末に、ついにイタリアに安住の地を見いだすまでの日々を語ったノンフィクション作品である。
 それはそもそも、少年、エナヤットッラー・アクバリが自ら望んだ旅ではなかった。彼の一族は多民族国家アフガニスタンでも少数派のハザラ人で、多数派のパシュトゥン人とタリバーンからきびしい迫害を受けていた。父親の死後、幼いエナヤットッラーにも迫害の手が伸びるようになる。息子の命を危ぶんだ母親は彼を隣国パキスタンに連れだし、あえて置きざりにした。それがエナヤットッラーの旅の始まりだった。
 パキスタンからイランへ、イランからトルコへ、トルコからギリシア、そしてイタリアへといたる少年の命がけの旅(風雪の中の国境の山越えや、ゴムボートでの密航で、旅の仲間が実際に幾人も命を落としている)の記録は、イタリアの読者の大きな感動を呼び、二〇一〇年の刊行後、数多くの版を重ねている。二〇一一年には同国で最も栄誉ある文学賞のひとつ、ストレーガ賞にもノミネートされて最終選考まで残ったが、惜しくも受賞はならなかった。
 著者ホームページ(www.fabiogeda.it)によれば、本作は既に二十七カ国で刊行が予定されており、「ぼくは恐くない」(二〇〇三年)などの作品がある伊映画プロダクション、カトレア社による映画化も予定されているという。

 本書はエナヤットッラーが語り、著者ファビオ・ジェーダが聞き書きするという体裁をとっている。ジェーダは一九七二年トリノ生まれ。現在もトリノに暮らし、児童福祉・教育問題をテーマに幅広い活動を行っている。多彩なメディアで記事も発表しているが、本人はジャーナリストと呼ばれることを嫌っているようだ。これまでに四冊の本を出版(二〇一一年八月現在)、この「海にはワニがいる」が本邦初登場の作品となる。

 エナヤットッラーは「よりよい暮らしがしたい」という願望に突き動かされ、旅を続けた。彼のいうところの「よりよい暮らし」とは、〝外国でひと山当てて大金持ちになりたい〟というような話ではなく、学校に通い、仕事をし、人間らしく生活することに過ぎない。いわゆる〝先進国〟のわたしたちから見れば、実にささいな願いに見える。それは国の法律で保証された基本的人権の一部であり、当たり前のことであるはずだから。ただし、それが当たり前のことだからこそ、わたしたちには、彼ら難民たちが〝わざわざ〟故国を捨て、遠い日本(あるいはイタリア)までやってくる心がよく飲みこめない部分があるのではないか。本書を通じて、彼の心に少しでも寄りそうことができたなら、それは読者自身にとっても、これからの日本、そして世界にとっても、ひとつ貴重な経験となるだろう。

 最後に、難民受け入れ数の少なさで国際社会から批判を浴びることも多い、日本の難民保護政策について関心を持たれた読者があれば、国連難民高等弁務官事務所の日本語ホームページの訪問をおすすめしたい(www.unhcr.or.jp)。さらに、有名動画サイトでEnaiatollah Akbariをキーワード検索すると、エナヤットッラー本人の登場するビデオ(イタリア語)も視聴可能だ。

平成二十三年八月 モントットーネ村にて 訳者

2015-12-08

Vista da M. Porche (2233m) - ポルケ山からの眺め

おとつい(2015/12/05)の山行での一枚。 フリッカーのページでこの写真へのアクセスが妙にすごいので、こちらでもご紹介。
ある意味、とてもシビッリーニ山地らしい眺めかも知れません。今回のコースではふもとからここまで約6時間。尾根に出ると雪はまるでないか、くるぶしの上くらいまで。古い残雪でキックステップのみ。アイゼンも使いませんでした。ワカンは沢筋で少々使ったけど、なくても全然なんとかなる程度。スノーシューズで全ルート踏破したら、あるいは速かったのかな、どうなんだろう。

Una vista dalla Monte Porche sui Sibillini. Percorso altro ieri 05-12-2015: Foce (945m) - cresta Tre  Faggi - Passo Palazzo Borghese (circa 5 ore) - Monte Porche (2233m)- cresta Frondosa - Fosso Zappacenere - Foce (circa 8 ore).
La neve era poca, non ho utilizzato né i ramponi né la piccozza ma solo gli Wakan, le racchette leggere tipiche dei montanari giapponesi, per breve tratto nel bosco e nel fosso più che altro per divertirmi.



Vista da M. Porche (2233m) 2015-12-05 13-05-52

2015-11-24

Quarto S. Lorenzo 2247m

Quarto S. Lorenzo


先週末の山から。数ヵ月ぶりに山に復帰できました。本格的な雪山シーズンまでに体力と「山勘」を復活させたいところ。さて。

2015-11-11

『スーパーノート』あとがき公開

ご無沙汰しております。
さる2015年7月末に訳書がまた一冊出ました。

イタリアのカスパー捜査官とルイージ・カルレッティのコンビによる『スーパーノート』(副題:世界を支配する情報戦争と偽百ドル冊)です。日本での出版社は河出書房新社となります。




河出書房新社の本作ページ
honto.jpのページ
Amazon.co.jpのページ

ご感想・書評・レビューのページ:
読書メーター
ブクログ

以下に、編集前の訳者あとがきを転載します。出版されたあとがきとは細部の表現が異なっているかもしれません。
どうぞよろしくお願いします。


***

訳者あとがき
 本書は2014年3月にイタリアのモンダドーリ社より刊行された『Supernotes』の邦訳である。
 作者のひとりであるカスパー捜査員はイタリアの情報機関SISMIやアメリカのCIAに協力し、30年にわたって覆面捜査員(アンダーカバー・エージエント)として活躍してきた人物だ。そして、彼のカンボジアにおける特異な体験をベテランジャーナリストのルイージ・カルレッティとともにノンフィクション小説としてまとめたのがこの作品だ。
 カスパーの特異な体験とは何か。2008年3月、彼は突然、カンボジア軍の特殊部隊に身柄を拘束され、373日におよぶ地獄のような囚人生活を送ることになったのだ。
 正式な逮捕状もなければ、脱税容疑という逮捕理由にもまったく覚えがなく、しかも拘束直後に危うく闇に葬り去られるところだった。なんとか命拾いはしたものの、それからの日々は特殊部隊のサディスティックな隊長に強請られ、病院刑務所で薬漬けにされ、〝再教育センター〟とは名ばかりの非人道的な強制収容所に収監されてリンチに遭い、ここでも強欲な所長にやはり強請られ、FBIと国土安全保障章(ホームランドセキユリテイ)を名乗る怪しげなアメリカ人のふたり組から連日の尋問を受ける悲惨なものとなった。なぜかイタリア政府もまともな救いの手を差し伸べてくれない。どうしてこのようなことになったのか。カスパーにも思い当たる節がないではなかった。もしかしてCIAの人間に依頼されたあの北朝鮮がらみの捜査のせいじゃないか……地獄からの生還を目指し、カスパーの必死な闘いが始まる。

 タイトルにもなっているスーパーノートとは、米ドルの実に精巧な偽札のことだ。材料も製法も本物の米ドル紙幣と同じなら、製造に使用される印刷機まで同じで、違うのは印刷場所だけ。偽札というよりは〝違法に印刷された本物の米ドル札〟とでも呼んだほうが当たっているかもしれない。スーパーノートの存在そのものは以前から裏社会の事情に通じる人々のあいだでよく知られていたが、誰がなんの目的で偽造しているのかははっきりしていなかった。
 イタリアマフィアの東南アジアにおけるマネーロンダリングの捜査を進めるうち、カスパーはスーパーノートと何度もニアミスをするようになり、ついにはある驚きの事実にたどり着く。しかしそれは——物語の肝となるこの事実について、これ以上の詳述は避けよう。読者のみなさんにも是非ご自分でカスパーの捜査と発見を追体験していただきたい。
 なお、『スーパーノート』の内容を作者ふたりは『すべて実話だ』と主張しており、カルレッティのホームページ(www.luigicarletti.com 伊語のみ)では証拠品も提示されている(該当ページ)。事実、カスパーが主役となったふたつの麻薬組織撲滅作戦(パイロット作戦シナイ作戦、リンク先は関連記事)を始め、作中に登場する人名や出来事(イアン・トラヴィスの暗殺事件、ヴィクター・チャオの投獄など)の多くは、インターネットでも当時の新聞記事で確認できる。
 ただし本書はいわゆるノンフィクションというより、サスペンス映画的なスピード感のあるひとつの小説として仕上げられている。カスパーの獄中生活の章、エリート捜査員として活躍してきた30年間を振りかえる回想の章、そしてイタリアでカスパーを救わんと奔走する本書のヒロイン、バルバラ弁護士の章。この三つの章がスーパーノートというキーワードを柱に交互に登場する構成で、極めてテンポがいい。
 情報機関と秘密捜査員の世界。カスパーが接触し、時には交友関係すら結んだエキセントリックな犯罪者たち。グローバルに跋扈するマフィアの実態。国際政治の裏舞台——そうしたわたしたちにはなかなか知りえない世界を描く、現場に身を置いた当事者ならではの活き活きとした筆も魅力的だ。

 カスパー(というのは現役時代のコードネームだ。本名は本人と家族の安全のため伏せられている)は、イタリアのインテリジェンスの世界でもずばぬけた才能を持つ捜査員(エージェント)だった。複数の外国語を流ちょうに操り、軍隊時代は空挺部隊に所属、戦闘機から大型旅客機まであらゆる飛行機の操縦もでき、アリタリア航空のパイロットという仕事をスパイ稼業の隠れみのにしていた時期もある。しかも回想の章で語られる過去のエピソードからは、洒落者でハンサム、格闘技のチャンピオンでもあり、ワインにも詳しく、プレイボーイなカスパーの姿が浮かび上がってくる。まるで007ことジェームズ・ボンドだが、現実の世界のボンドにはボンドなりの悩みがあるものらしい。
 本書の刊行後に発表されたインタビュー記事でカスパーはこう語っている。『身分秘匿捜査に従事する捜査員たちはその特殊な二重生活ゆえに、家庭の問題やさまざまなトラウマを抱え、引退後もなかなか平常の生活に戻れないケースが多い。本書の執筆は自分にとって、そうしたトラウマを乗り越えるためのひとつの治癒行為でもあった』さらに別の記事によれば、彼は自分と同じ境遇の元捜査員たちを支援するためのNPOも設立したということだ。

 ここで日本人読者にはなじみが薄いと思われる用語をいくつか簡単に説明しておきたい。
 カスパーは元憲兵(カラビニエーリ)だが、そもそも憲兵隊(アルマ・デイ・カラビニエーリ)とは、陸・海・空軍とともにイタリア軍を構成する四軍のひとつだ。ただし憲兵は軍人でありながら、平時は国家警察と並んで一般の警察活動に従事する点が特徴的だ(イタリアにおいでになったことのある読者は、上下黒の制服でズボンに赤いラインの入った警察官たちをご記憶かもしれない。彼らこそカラビニエーリだ)。
 そしてカスパーが秘密捜査員として主に協力してきた憲兵隊の特殊作戦部隊(ROS)。こちらは組織犯罪・麻薬取引・テロリズム対策を担当する部署だ。同じく憲兵隊の特殊介入部隊(GIS)はテロ犯罪や誘拐事件等の現場における危険な介入作戦に特化した特殊部隊で、GISの隊員たちともカスパーは深いきずなで結ばれているようだ。
 国防省情報局(SISMI)はイタリアの代表的な情報機関のひとつだが、2007年のインテリジェンス改革の際に情報対外治安局(AISE)へと改編された。作中の『イタリアの情報機関』という表現は主にこのふたつの機関を指しているが、場合によっては両者を含むイタリアのインテリジェンス・コミュニティ全体を指している。
 2015年5月現在、本書はアメリカ、スペイン、フランス、トルコで翻訳出版されており、その他にも十ヵ国以上で出版が予定されている。映画化の権利もアメリカのプロデューサーが既に取得したというから楽しみだ。

 最後になるが、わたしの中高時代の同級生で現在は航空実務に就くT君には航空関連用語について貴重なアドバイスを多々いただいた。ここに深く感謝したい。
 そして今回の翻訳のチャンスをくださった河出書房新社T氏、株式会社リベルY氏の両氏にもお礼を申し上げます。

2015年5月 モントットーネ村にて